読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UNIX的なアレ

UNIX的なこととかいろいろ

作業ごとに分けて音楽を選択する

イヤホンをして、コーディングをする方はかなりいらっしゃると思います。
周囲がうるさい場合や、話しかけられたくない場合、または自分の世界に入って集中したいときなど。
自分自身もよく作業中にイヤホンをするのですが、作業内容によってそれなりに音楽を使い分けています。
音楽を作業内容によって使い分けることによって、気が散りにくくなったり、気持ちの切り替えができるというメリットがあると思います。
今回は完全に個人的な、作業ごとに分けた音楽を紹介したいと思います。

Javaを書く場合。

自分が慣れていないのもありますが、Javaを書くときはあまり攻撃的な音楽は向いていないと思っています。
やはりある程度落ち着くことのできる、フュージョンが個人的には好きです。


Color of Life

Color of Life

Unixオペレーションの場合。

特にroot作業には危険はつきもの。自分自身を落ち着けるためにも、さわやかなインストをよくかけます。
聴いていて気分のよい、山弦なんかがおすすめです。

JOY RIDE

JOY RIDE


High Life

High Life

シェルスクリプトを書く場合。

シェルスクリプトを書くときは、ひたすらアグレッシブに書きます。
サーバーに直接入り、viかemacsでぐわーーーーと仕上げます。
そんなときは攻撃的な音楽が最適。以下の2枚はよく聴いています。

Natural Born Chaos

Natural Born Chaos


フォロー・ザ・リーパー

フォロー・ザ・リーパー


まぁこれはあくまで私的な見解なので、人によってかなり変わると思います。
こう考えてみると、隣の人が何を聴いているのかが気になってきますよね。