読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UNIX的なアレ

UNIX的なこととかいろいろ

10分でつくる、プロジェクト管理ツール"Trac"

Linux


Tracの構築ってなかなか面倒ですよね。自分も初めて作ったときはいろいろと手間取ったことを覚えています。
とくにソースからいれるとなると、いろいろとやらなければいけません。パッケージも用意されていますが、日本語化をする場合などいろいろと面倒があります。
今回も前回に引き続き、簡単にTracのインストールを行う手順を紹介したいと思います。

事前準備

まずは、以下の手順を行っていることが前提です。
10分で作る、Subversionレポジトリ - Unix的なアレ
そのため、動作環境は以前と同様です。試してみたところ、Ubuntuでも同様の手順でいけるようです。

OS Debian Linux etch
Protocol http
Web Server Apache2.2.3

さて、それでは構築していきましょう!

パッケージのインストール

さて、Tracを使うにあたって必要なパッケージをインストールします。今回も作業はすべてrootで行うものとします。

 $ apt-get install unzip python-setuptools libapache2-mod-python python-subversion python-sqlite 

Tracのインストール

引き続き、Tracのインストールをします。本来なら全てrootになるべきではないのですが、sudoなし前提なのでそのまま書きます。
なお、インタアクト株式会社が作成している翻訳済みのソースコードを使用します。
インタアクト株式会社--業務内容--公開資料

 $ cd /usr/local/src
 $ wget http://www.i-act.co.jp/project/products/downloads/Trac-0.11.1.ja1.zip
 $ unzip Trac-0.11.1.ja1.zip
 $ cd Trac-0.11.1.ja1
 $ python setup.py build
 $ python setup.py install

Tracのセットアップ

さて、正常にインストールが完了したらセットアップをしましょう。Tracインストールの中でキモの部分です。
まずは下記の2つのコマンドをうってください。

 $ mkdir /var/trac
 $ trac-admin /var/trac/project initenv

この時点で対話形式でTracのプロジェクトを作成する画面になります。
入力する部分は4箇所です。

Creating a new Trac environment at /var/trac/project

Trac will first ask a few questions about your environment
in order to initialize and prepare the project database.

 Please enter the name of your project.
 This name will be used in page titles and descriptions.

Project Name [My Project]> {プロジェクト名を入力する}

 Please specify the connection string for the database to use.
 By default, a local SQLite database is created in the environment
 directory. It is also possible to use an already existing
 PostgreSQL database (check the Trac documentation for the exact
 connection string syntax).

Database connection string [sqlite:db/trac.db]> {空のままEnter}

 Please specify the type of version control system,
 By default, it will be svn.

 If you don't want to use Trac with version control integration,
 choose the default here and don't specify a repository directory.
 in the next question.

Repository type [svn]> {空のままEnter}

 Please specify the absolute path to the version control
 repository, or leave it blank to use Trac without a repository.
 You can also set the repository location later.

Path to repository [/path/to/repos]> /var/svn/repo (使用するレポジトリパス。前回構築したレポジトリを参照するためこのように入力)

さて、無事入力できたでしょうか?下記のメッセージが最後に表示されれば無事成功しています。

The latest documentation can also always be found on the project
website:

  http://trac.edgewall.org/

Congratulations!

それでは、最後にオーナーの変更を行いましょう。

 $ sudo chown -R www-data:www-data /var/trac

Apacheの設定変更

それでは最後に、apacheで使用する設定をします。前回の手順前提のため、設定ファイルを上書きします。念のためバックアップを取得しておきます。

 $ cp -ip /etc/apache2/sites-available/subversion{,.`date +%Y%m%d`}
 $ tee /etc/apache2/sites-available/subversion << EOF
<Virtualhost *:80>
    SetEnv PYTHON_EGG_CACHE "/var/tmp/.egg-cache"
    <Location /trac>
        SetHandler mod_python
        PythonHandler trac.web.modpython_frontend
        PythonOption TracEnvParentDir /var/trac
        PythonOption TracUriRoot "/trac"
    </Location>

    <Location /svn>
        DAV svn
        SVNParentPath /var/svn
        AuthType Basic
        AuthName "Basic Auth"
        AuthGroupFile  /dev/null
        AuthUserFile   /etc/apache2/.htpasswd
        Require valid-user
    </Location>
</Virtualhost>
EOF

最後にapacheの再起動をかけます。

 $ /etc/init.d/apache2 restart

正常にapacheが起動すればOKです!

動作確認

それでは最後に動作確認をしましょう。
http://${servername}/trac/project
下記の画面が表示されれば成功です!

最後に

さて、今回は割と手間取りがちなTracのインストール手順をまとめてみました。チャレンジしたけれどもうまくいかない!という経験がある方はもう一度試してみてくださいね。