読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UNIX的なアレ

UNIX的なこととかいろいろ

Debian Lenny を使えるようにするまで

Linux


少し前ですが、ついにDebian LennyStableとなりましたね。
というわけで早速VMwareServerへインストール。再セットアップしたので、手順をかるく残しておきます。

いまは使いたいものはほとんどaptでインストールできるので便利ですね。

Debian -- The Universal Operating System

Consoleでの作業

まずはターミナルで入れるようにセットアップします。suでrootになるのは嫌なので、sudoもいっしょに。
また、個人的にnanoが苦手なので最初に消しちゃいます。

 $ su - 
 $ apt-get install ssh sudo
 $ apt-get remove --purge nano
 $ visudo 
   -> 自分のアカウントのエントリを追加

sshでログインしてからの作業

Debianはインストールした状態ではほとんど何も入っていません。とりあえず開発に必要そうなものは最初からいれておきます。

  • とりあえず必要そうなもの
 $ sudo apt-get install make gcc g++ perl-doc ntp curl postfix bzip2 libssl-dev
  • エディタ
 $ sudo apt-get install emacs22
 -> .emacsは自分用のをコピー
  • バージョン管理
 $ sudo apt-get install cvs subversion git-core 
  • シェル周り
 $ sudo apt-get install bash-completion
 $ sudo apt-get install mysql-server-5.0
 $ sudo apt-get install apache2 libapache2-mod-php5 
 $ sudo apt-get install rubygems rails

こんなところですかねぇ。意外とたくさんいれてるなーと自分でも思いました。
しかしながら改めてaptって便利。パッケージの種類がどんどん豊富になっていきますね。ビルドする機会がかなり減ったなーと思っています。

ダウンロードはこちらから。
Downloading Debian CD/DVD images via HTTP/FTP