UNIX的なアレ

UNIX的なこととかいろいろ

はじめての42.195km


3/15に実施された、荒川市民マラソン。ついに、初めてのフルマラソンにチャレンジしてきました。
いままでも何度かレースには出場してきました。1月はデュアスロン、2月はハーフマラソン、3月上旬はリレーマラソンと。しかしながら、42.195kmを走るのは今回が初めてです。
ある日突然、id:kensuuから「マラソン出ようぜ!」と誘われついついノリで申し込んでしまいました。

当日まで

普段からトレーニングはしていたのですが、フルマラソンに向けてのトレーニングをちゃんと始めたのは2か月くらい前からでした。
直前まで順調にトレーニングもこなし、いけるかなと思った1週間前に膝になぞの痛みが・・・最後の1週間はほとんど走らずに休養にあてて、本番に臨みました。CW-Xのタイツとザムストのサポーターがあればごまかせるかな。
しかし、id:yone098さんから言われた「30km以降は地獄ですよ」という言葉もひっかかる・・・

さてマラソン当日

すこし早目に到着し、受付を済ませます。荒川市民マラソンは参加者が約15000名とかなり大規模の大会なので、荷物を預けるのも行列・・・ちょっと苦戦しましたが、なんとかスタートできる状態までたどり着きました。

初めてということでエネルギー不足が不安なので、PowerBarのジェルタイプを2つもって走ることにしました。あと、忘れてはいけないのがiPodShuffle。音楽にテンションが左右されるのが面白いですね。

スタート 〜 20km

さて、スタートです。3km地点で、ZARD / 負けないで」を熱唱している人が印象的でした。42.195kmを走ろうとしている人は、3km地点じゃぁ負けないよ!
17km地点で、BAAD / 君が好きだと叫びたい」が流れてしまい、ついついテンションがあがってペースアップしてしまいました。危機感を覚えてすぐに戻しましたけどね。

20km 〜 25km

ハーフマラソンは出場経験はあるので、20kmまでは経験の範囲内。元気に走ってます。しかし、まだ半分なんだという気持ちがちょっとでてきました。割と萎えます・・・

25km 〜 30km

膝に激痛が・・・!走るどころか、歩くのがギリギリな状態になってしまいました。膝をまともに曲げられません。こりゃー危険。走って、歩いてを繰り返しながらなんとか前には進みます。

30km 〜 35km

膝を曲げずに走ると痛くないということに気がつきます。これならいけるという実感が戻ってきました。しかし、ここまでくると体力に限界が。なんで走ってるんだろう?とか疑問を抱き始めたり。
また、このあたりからなぜか感受性が豊かになってきて、iPodが流す音楽にイチイチ感動していました。春畑道哉 / JAGUAR '08」が流れた時は泣きそうになりました。
しっかしつらい。30kmからは地獄ってこのことなのね・・・

35km 〜 40km

つらくて仕方ないので、思考することをやめました。無です、無。ドラゴンアッシュの淡々とした曲を聴いてた気がします。

40km 〜 42.195km

早く終わってくれ・・・と思いながら前に進むのみです。ゴールが見えた時は、「もう走らなくていいんだ」という安堵感でいっぱいでした。

ひざ、いたいよう・・・

おわってから自宅まで

さて、帰りは食事をしてから帰ったのですが膝が痛くて痛くて歩くのも精一杯・・・夜も膝の痛みで何度か目覚めてしまいました。

42.195km走っているときは二度とやるか!と思いましたが、終わってみると不思議とまたやってみたいなと思ってしまいますね。またあの地獄のつらさがまっているというのに(笑)
今度こそはこんな後遺症が残らないよう、コンディションの調整とトレーニングをしっかりと積んでから挑みたいと思います。今年のホノルルマラソンが目標だ!

(シーダブリューエックス)CW-X ワコール| スタビライクスモデル(ロング) メンズ HZO549

(シーダブリューエックス)CW-X ワコール| スタビライクスモデル(ロング) メンズ HZO549



[asin:B001B08GXQ:detail]