UNIX的なアレ

UNIX的なこととかいろいろ

Subversion 1.6リリース

ついにSubversion 1.6がリリースされましたね。gitへ移行している人も多いですが、自分はまだわりとSubversionを愛用していたりします。

最新版では、ツリー衝突の検出、認証管理の強化、レポジトリ容量の削減の3つが大きな改善点となる。
新機能となるツリー衝突の検出は、ユーザーがコードを更新、マージ、移行した際にツリー衝突の可能性がある場合、フラグを立てて知らせるもの。ファイルコンテンツではなく、ディレクトリ構造段階で知らせることで、衝突を防ぐという。Suvbersionクライアント「CollabNet Desktop」(Eclipse Edition)では、検出したツリー衝突を解決するウィザードも用意した。
エンタープライズ機能を強化した「Subversion 1.6」 - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載

Subversionを使用する際に発生しがちな衝突を防ぐ機能が追加されたのは嬉しいですね。あとは、Localにパスワードを平文で保存するのって直ってるのかな。
ちょっと時間ができたら試してみようかと思います。
subversion.tigris.org