読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UNIX的なアレ

UNIX的なこととかいろいろ

超高解像度モニタをつかって快適な作業環境を

気がつけば液晶モニタの解像度ってあがっていますよね。1920x1200といった解像度もめずらしくなく、非常に安価で購入ができるようになってきています。
とはいえ、1920x1200のディスプレイだけでは足りずに2枚つかっていたりと人間が求める画面の広さはまさに天井知らず。
私自信も、今まではMacBookPro(1440x900)MITSUBISHI VISEO(1920x1200)に接続して利用していました。

ええ、じゃぁもっと解像度あげましょうよというわけで購入しました。QUXGA-W(3840x2400)のディスプレイです。IBM T221というモデルです。
なんと、この解像度が22インチにつまっているのだから驚き。

さて、さっそくMacBookProにつないでみますよ。おお、なんなく認識。サクっといけますね。
すげぇ・・・広い!マジで広い!細かい!

しかし、ちょっと動きがおかしい。と思って調べてみると・・・。Σ(゚д゚lll)ガーン。リフレッシュレートが13hzじゃないですか。動きがかくかくするので利用用途は選びますね。

まぁコーディングするには十分ですけどね。是非気になる方はお試しアレ。

MITSUBISHI マルチメディアワイド液晶ディスプレイ 「VISEO」 MDT242WG クリアピアノブラック

MITSUBISHI マルチメディアワイド液晶ディスプレイ 「VISEO」 MDT242WG クリアピアノブラック