UNIX的なアレ

UNIX的なこととかいろいろ

BOSEのQuietComfort15のイヤーパッドを交換した

f:id:wadap:20130402093107j:plain

長年愛用しているBoseのQuietComfort15ですが、2年ほど使ってくると耳に当てるイヤーパッドの部分がだんだんとよれてきます。

僕のはこんな感じまで破れてきていて、中にあるスポンジが見えてしまうくらいでした。まぁ音を聞くことはこれでもできるのですが、なんか気分悪いし年度変わったしということで交換をしてみました。

交換はすごく簡単!

ヘッドフォンのイヤーパッドの交換ってやったことないとよくわかりませんがものすごく簡単にできます。特殊な工具も必要なく、1〜2分くらいで交換をすることができます。

古いイヤーパッドを取り外す

f:id:wadap:20130402093410j:plain

まず、古いイヤーパッドを取り外します。ちょっと強めに引っ張ると取り外せます。イヤーパッドのウラの方に硬い型があって、ヘッドフォン側のツメにひっかかっているような構造になっています。 取り外したイヤーパッドは不要なので捨ててしまいましょう。

新しいイヤーパッドをはめ込む

f:id:wadap:20130402093136j:plain

今回購入したイヤーパッドはこんな感じでした。純正のイヤーパッドはちょっと高価だったので、Amazonで販売されていたバルク品を購入しています。(バルクと言っていますが、おそらくサードパーティ製)

気になる方は純正品でも。ちょっと高めです。

BOSE QuietComfort3 専用イヤーパッド

BOSE QuietComfort3 専用イヤーパッド

あとは、もともとのイヤーパッドにはめ込むだけです。全体的にはめ込むのではなく、ツメ1つずつに丁寧にはめていくのがポイントです。

簡単なのにすごく新品感がでて嬉しいのでお勧めです!