読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UNIX的なアレ

UNIX的なこととかいろいろ

nanapiのこれから、変わることと変わらないこと

すでにメディアで取り上げられているのでご存じの方もいると思いますが、本日このような発表をいたしました。

株式会社nanapi(ナナピ) | KDDIによるnanapiの連結子会社化について

変わること

「変わることと」表現していますが、我々がもともとやろうとしている「What」の部分が変わるわけではありません。あくまで「What」を叶えるための「How」の部分が変わるだけです。

株式会社nanapiは「できることをふやす」というミッションを掲げています。そのミッションをいかにして達成するのかを考えた結果、もっとも最適な選択肢として今回の結果になりました。

Syn.

変わらないこと

連結子会社となっていますが、株式会社nanapiとしては基本的にやることは変わりません。我々が運営するnanapi.jpアンサーに関しても今までどおり運用し続けますし、これからもよりよいサービスになるよう進化をし続けます。

いろいろな勉強会で登壇するときにいつも言っている通り、nanapiは技術を軸にした風土を重視しています。

こういった風土は変わりませんし、いままで以上により大切にしていきたいと思っています。すでにあるサービスに囚われることなく、これからもどんどんと新しい価値を創造できるようなサービスを作っていきます。

nanapiのこれから

nanapiをリリースした2009年はiPhone3GSが出たばかりでまだまだスマホが日本においてはそこまで普及しておらず、携帯といえばフィーチャーフォンが全盛期の時代でした。

しかし、時代は変わりインターネットをブラウザだけで使う時代ではなくなってきています。アプリがあり、IoTという考え方も普及してきていて確実に5年前と業界は変わりつつあります。

また、いまから5年後もそれと同等かそれ以上の変化をし続けることでしょう。そこでnanapiが会社としてできることは、変化し続ける時代に対応し新しい価値を生み続けることです。そして、その場を提供する。これが株式会社nanapiとしてこれまでやってきたことで、これからもやりつづけなければいけないことです。

だからこそ、今まで以上に良いサービスを作り続けていき、新しい価値を創出し続けていきたいと思っています。