読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UNIX的なアレ

UNIX的なこととかいろいろ

IVS CTO Night & Day 2014に参加してきた

f:id:wadap:20141205195541j:plain

CTO » Infinity Ventures Summit

今回初の取り組みとなる、IVSに併設されたIVS CTO Night & Day 2014というCTO同士のイベントに参加をしてきました。内容が非常に素晴らしかったのでブログに書いてみたいと思います。

IVSとは

まず、知らない方もいるかもしれないのでIVSのおさらいからです。

Infinity Ventures Summit(インフィニティ・ベンチャーズ・サミット。以下IVS) は、インターネット、モバイル、ソフトウエアなどIT業界の国内外の経営者・経営幹部を対象とした年2回の招待制のオフサイト・カンファレンスを中心に新サービスの発表の場「Launch Pad」、未来を日本を支える学生に対して起業家教育を行う「ワークショップ」などベンチャー起業の生態系・コミュニティ作りに力をいれています。動画や書き起こしの記事などの情報発信にも力を入れております。

Infinity Ventures Summit

年に2回開催される、経営者同士のイベントです。CTOという立場の方で参加している人はあまりいませんが、私も2014年5月に代表の古川と一緒に参加しすごく刺激を受けたことを覚えています。

そして今回は、IVSとAmazonの共同主催でさらに技術によったCTO向けのイベントが実現しました。

どんな内容を話したのか

前夜祭的なものを含め、3日間にわたって実施されました。登壇やパネルディスカッション、アンカンファレンスといった様々な形式で実施されました。

内容としては技術的な内容もありましたが、全体的にはやっぱりCTOという目線での話がおおかったなぁという印象です。とくに評価制度などは盛り上がる内容だなぁと。ただ、テーマによってはセンシティブな内容もあるので、細かい内容はブログとしてはあえて書かないようにします。

私自身は技術選定に関するお話をしましたが、どちらかというとこれも組織的な内容です。これは公開しても問題ない内容です。資料はこちらにあげましたのでどうぞ。

https://speakerdeck.com/wadap/how-to-choose-technology

IVSとCTO Nightが併設されたことのメリット

IVSと同時に実施されたことのメリットは、個人的には大きく3点あったと思っています。

  • 地方で3日間開催された
  • Launch Padを見ることができた
  • CTO NightでCEOセッションがあった

それぞれ自分なりの考察をまとめます。

地方で3日間開催された

まぁ100%思いますよね、地方行く意味ねぇだろって。これIVSに参加するまで僕も思っていました。このエントリを拾い読みした人は確実にdisりtweetしちゃいそうな気もします。

しかし、実際に行ってみるとこれがよかったりします。東京で実施されたら確実に途中で会議で抜けることがありますし、すごく中途半端な参加になってしまいます。

普段の業務から抜けて、経営陣として・CTOとしてという立場で議論したりセッションを聞いたりという事自体がすごく大切なんだと思います。また、懇親会もじっくり話すことができるので、久々にあった人たちともちゃんと話すことができるのもメリットだなと思っています。

Launch Padを見ることができた

IVSの目玉でもある、LaunchPadを生で見ることができるというのはすごい価値だなぁと。LaunchPadに出ている人はとにかくプレゼンがうまい。サービスも素晴らしいし、とにかく刺激を受けることができます。

オンラインでも見ることができますが、やっぱりあの緊張感というか雰囲気を生で見ることができるのはすごい価値だなぁと思います。また今回は、前職の同期が登壇するということもありより楽しみでした。

Launch Pad 勝者はギャラクシーエージェンシー「akippa(あきっぱ)」 #IVS 2014 Fall Kyoto - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

CTO NightでCEOセッションがあった

そして、最後はこれ。うちの代表もでていましたが「CEOからCTOへ」というなかなか無いテーマでのセッションがすごく良かったなぁと思います。これもIVSと同時開催していないとできない内容です。

100人いるCTOに向けて、社長同士がパネルディスカッションをする機会ってなかなかないですよね。しかもそこに登壇しているCEOの会社のCTOは全員その場にいたので、やりづらかったとは思いますがこういう機会って頻繁にあっても良いと思うんですよね。むしろ、IVS側でCTOが話すとかもあっても良いと思います。

おなじ経営陣である以上、お互いの仕事のことはよく知るべきだしどう考えているかは会社によって確実に違うのでそういった場はもっとできるべきだなぁと思いました。

今回参加してよかったこと

とまぁ、普段の業務から離れてこうやって議論したり話を聞いたりできるのは本当に素晴らしい会だったなぁと思います。なんとなく恒例になってしまった「CTO事件簿」という昔やっちゃった話の共有なんかもああいう場くらいでしか話せないのでなかなかよかったなぁと。

今回はAmazonさんがいろいろと企画してくれていましたが、ぜひ今後もこういったイベントは続けていってほしいなぁと思っています。今回は呼んでいただき、本当にありがとうございました。次回の開催も期待していますので、ぜひともよろしくお願いいたします!