読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UNIX的なアレ

UNIX的なこととかいろいろ

2020年のエンジニア像 ~ エンジニアがこの先生きのこるには? で話してきました

登壇

f:id:wadap:20140521092830j:plain

5/16(金)にCTOによるCTOのためのこんなイベントで話してきました。

2020年のエンジニア像 ~ エンジニアがこの先生きのこるには? ~ powered by AWS | Peatix

前半のプレゼンテーション

CTOという立場である以上、自分自身が技術者としてどうあるべきかだけでなく会社の風土をどうしていくべきか。そしてその風土に合わせてどういう人を採用していくべきかという仕事が出てきます。

今回はそのあたりに焦点を絞ってお話をしました。第一部でつかった資料はこちらです。

他社さんの事例もすごく興味深かったです。特に、cookpad舘野さんのエンジニアの評価基準の話はすごく具体的で参考になりました。

後半はパネルディスカッション

後半は、パネルディスカッションです。他社さんの事例がいろいろ聞けたのは個人的にもすごく勉強になりました。

「めんどくさいおじさんにならないようにしよう」「成功体験おじさんにならないようにしよう」みたいな感じです。

響きとしてはおもしろワードなのですが、結構重要なことですよね。過去の苦労話を押し付けるようなベテランになりたくはない。

そんなことよりもいまの新しいテクノロジー使って便利にやればいいと思うし、別に今の時代に不要なことは覚えなくてもいいと思うんです。

そんなことを意識しながら、若いエンジニアがより活躍できるような場を作っていきたいと思っています。