UNIX的なアレ

UNIX的なこととかいろいろ

アル株式会社の取締役CTOになりました

アルのメンバー(1名はリモートのためいません)

2019年2月1日にアル株式会社の取締役CTOに就任しました。アル株式会社とはマンガファンのためのサービス「アル」を運営する会社です。現在は、Web/iOS向けに展開しています。

アル

アル

  • ALU INC.
  • ブック
  • 無料

最近までやっていたこと

2018年の6月頃から会社には属せずに、個人でいろいろと活動をしていました。仕事においては技術顧問やコンサル、そしてエンジェル投資など通じて様々な会社と関わることができた良い機会でした。また昨年はとにかく海外に行きまくった年で、多い時は月に2〜3回くらいのペースで海外にいって旅行しながら仕事したりといったわりと自由な生活をできた年だったなーとも思っています。(半年で10カ国くらい行った気がするのでなかなかのペースでした)

音楽活動も引き続きやっておりいままでは完全にロック畑だったギタースタイルも、最近はジャズを中心にプレイするようになり、音楽という意味でのチャレンジも引き続きしています。

自身の人生設計について

この1年弱の間は本当にいろいろと今後の人生について考える年でした。このまま顧問という立場でいろいろな会社に関わっていったり、自身の会社で受けているコンサル業などを社員を雇って拡大していくパターン、もしくは沖縄とかでスローライフ送るパターンや、音楽家でやって行こうかなーとか、留学しようかなーとか、YouTuberになろうかなーとかいろいろと検討をしました。

様々な選択肢を整理して吟味結果、自分がやりたいことは「コンシューマー向けのプロダクトを作ること」でした。そしてそれは自分の好きな事業領域であり、かつその領域にインパクトを与えることができるだけの価値があるものであること。さらにはプロダクトを作るにあたって、立ち上げから関わることができ、実際に実装から関わっていきたいという強い思いもあります。

なぜアルに関わることにしたか?

アルの代表であるけんすうとは、中学時代からの友人であると同時にnanapiを創業した戦友でもあります。そういった文脈もあるため、改めて一緒に事業をやることも割と自然な流れだったかなとは思っています。そして現在はCTOという立場ではありますが、いちエンジニアとして主にiOS周りの開発を担当してます。

自分自身にとってCTOという立場は2度目でありますが、また最初からのスタートです。過去の経験を活かすというよりも、またゼロからやり直していかなければいけないと思っています。

一緒にはたらくメンバーについて

現在、アル株式会社は自分を含めて4名のエンジニアがいます。現在関わってくれているメンバーはもともと知っている人たちということもあり、非常に働きやすく優秀なメンバーばかりです。

とはいえ、まだまだこれからサービスをグロースするにあたって実装したい機能が山ほどあります。プロダクトや事業領域に興味がある方はぜひお会いしましょう!気軽にご連絡ください!

ところで好きなマンガは?

あたりです!