読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UNIX的なアレ

UNIX的なこととかいろいろ

スタートアップにおける点の正義と線の合理性

テストを書くかどうかみたいな話がよく議論に上がりますが、毎回賛否両論なわけです。CTO向け1on1を続けていく中でも近い話がよく議題としてあがりました。

wadap.hatenablog.com

当然な話でどっち側の意見も間違っているわけではなく、話している背景が違うのが根本的な原因なんだと思っています。そこを自分なりに考えをまとめてみました。

点で語る正義

これはまず一方からだけみた正しい回答のことを指します。まずこの点でみたらテストの議論に関して言えば当然「書いたほうが良い」という結論になります。会社の経営的な話で言えば「赤字よりも黒字のほうがいい」ですし、人事観点だけで言えば「人はやめないほうが良い」という事になります。

点で語ることは非常に大事なことですし、世間に様々な先人の知恵があります。点だけでみると変数は少なく、判断しやすいと思います。一方で圧倒的な正義になりやすく、これを振りかざされてしまうと正直なところ反論が難しい。なぜならその点においては間違っていないからです。

線からみた合理性

一方で、ビジネスというものは点だけでは成り立ちません。どんな組織であれ会社である以上は、何らかの収益を生み(もしくは生むことを目的とし)プロジェクトを進めていきます。そうなると、点で語るべき正義がどんどんと増えていきます。

エンジニアだけの組織であれば点の正義だけで通用しやすいと思いますが、お金のことが絡んできたりするとどうしても合理性も考慮して考えないといけないことは多々あります。そのため、技術的な正当性よりもリリースが優先されるようなことが起きます。一方でこの合理性という観点だけでも非常に危うい側面をもっていて、むちゃくちゃな労働環境などはこちらの合理性のみの観点から生まれるものです。

なのでこの二点はAll or Nothingではなくバランスが必要というわけですが、このバランスは事業の特性よって大きく左右されるのではないかと思います。

ビジネスモデルが成立している場合

ある程度市場が確率していて、ビジネスモデルがたてやすい場合は新しく始めるとしても既存の仕組みのリプレースに近いものなので、変数は比較的少ない。

ということはある程度の予測はたてることができ、それに応じた経営ができるということになります。こうなると最初から合理性だけで突き進むのは危うく、点の正義を最初から意識したプロダクト開発が必要になる。ピボットする可能性は低く、固く作ることそのものがプロダクトの価値になるからです。

ビジネスモデルが確立していない場合

スタートアップに多いケースですが、ビジネスモデルがないけどなんかでかいチャンスがありそうみたいなケースがこちらです。こちらに関して言うと、いま進んでいる方向が正しいのかどうかなんてまぁわからないのが普通です。

BtoCのサービスなんて暗中模索の中進んでいき、小さなピボットを繰り返し、偶然からうまれるマネタイズで奇跡的に成功するみたいなものだと思います。

こうなるとどうしても目の前の合理性のほうが重要視され、リリースが再優先になってきます。程度の違いはあれど、どうしてもそうなる傾向にある。サービスの進化という点において立ち止まってられない時期はあります。

大事なことは経営とのコンセンサス

そのため、自分の目線だけで語ることではなく経営とコンセンサスをとっておくことだと思います。

いまでこそエンジニアが活躍できる会社は増えています。あれもただ総判断したわけではなく、経営陣が会社の成長に必要だという経営判断をしているからです。

とはいえ会社のフェーズによってもこのあたりの判断は変わっていくと思うので、判断基準は固定になるものではなく常にアップデートしていく必要があるのだと思います。

小規模スタートアップの技術的な方々の壁打ち相手的なことをやります

ひとことで言うと

CTOや技術の統括をしている小規模ベンチャーの人に対して、1on1をします

どういうこと?

CTO的な方だったりとか、技術的なマネージャーをやっている方って様々な悩みがあると思います。当然、それを僕が解決してあげるなんて偉そうなことはできるわけでは無いのですが、コーチング的な感じで話を聞き出すことはもしかしたらできるんじゃないかななんて思いました。

今も紹介ベースで相談とかを受けているのですが、今回はそれを公に募集してみようと思います。

ターゲットとなる方々

  • 小規模スタートアップのCTO
  • エンジニアのメンバーを抱えてるけどうまく回せていない
  • 技術者のマネージャーがいない

あたりでしょうか。

なぜやるの?

  • 自分自身、壁打ち相手がいなくて困ったことがあった
  • 頼みづらく、こういうのがあるといいかなというのをやってみた
  • 自分自身もっと成長したいので、上の立場からというわけではなく、あくまで壁打ち相手として話を聞きたい

※ 補足ですが、リクルーティング活動ではないので安心してください。変な勧誘などもありません。

費用など

費用はかかりません。カフェだったりとか食事を取りながらになると思うので、ご自身の分だけ負担していただければ結構です。

また、日中は働いているので、平日ランチタイム or 土日あたりかなと思います。場所は表参道〜渋谷あたりでお願いします。

どこまでこういうニーズがあるのかわかりませんが、気になったら気軽にご連絡ください。年齢や資格などは全く問いません。

連絡は以下からお気軽にどうぞ。

というかお前誰だよ

nanapiという会社CTOを6年くらいやってました。いまは現場でエンジニアやってます。

ストレングス・ファインダーをうけた

www.gallupstrengthscenter.com

というわけで受けてみました。昔も受けたことあるんだけど結果を忘れてしまっのがちょっと残念。

上位5件の結果

とりあえず上位5件の結果はこんな感じでした。

1. 調和性

調和性という資質を持つ人は、意見の一致を求めます。意見の衝突を嫌い、異なる意見でも一致する点を探ります。

2. 最上志向

最上志向という資質を持つ人は、強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないしは集団において追求します。単なる強みを最高レベルのものに変えようとします。

3. 自我

自我という資質を持つ人は、他人の目から見て非常に重要な人間になることを望んでいます。独立心に富み、人から認められたいと思っています。

4. 未来志向

未来志向という資質を持つ人は、未来がどのようなものかについて考え、そこからアイデアを得ます。未来についてのビジョンを語ることで、人々を高揚させます。

5. 個別化

個別化という資質を持つ人は、一人一人が持つユニークな個性に興味をひかれます。異なるタイプの人たちの集団をまとめ、生産性の高いチームを作ることに長けています。

下位5件の結果

下位5件はこんなかんじ。

30. 包含

包含という資質を持つ人は、他人を受け入れることができます。人の輪から外れている人に注 意を払い、そのような人を輪に入れようと努力します。

31. 運命思考

運命思考という資質を持つ人は、あらゆる人や物事は互いに結びついていると考えています。この世に偶然というものはほとんど存在せず、ほぼあらゆる出来事には何らかの理由が存在すると確信しています。

32. 成長促進

成長促進という資質を持つ人は、他人の持つ可能性を認識し、それを伸ばし、目覚めさせます。他人の小さな進歩の兆候を見逃さず、このような進歩を実現することから充足感を得ます。

33. 原点思考

原点思考という資質を持つ人は、過去や原型について考えるのが好きです。過去を調べることにより、現在を理解します。

34. 適応性

適応性という資質を持つ人は、「流れに沿って進む」ことを好みます。「今」を大切にし、それぞれの時点で進む方向をひとつずつ選択することにより、将来を見極めます。

気になること

調和性はあるけど適応性がないというなんだか面白い結果。似てるけど異なる性質ってことですね。

具体的な事実から抽象化する能力と、抽象的な要件から具体化する能力

それぞれの能力について

最近、事業を推進する上で必要な能力について考え際、特にプロダクトを開発する時点では2つの能力をもった人間が配置されていることが成功の秘訣なのではないかと思いました。それがタイトルの通り、2つの能力です。

  • 具体的な事実から抽象化する能力
  • 抽象的な要件から具体化する能力

具体的な事実から抽象化する能力

まずこちらの能力ですが、新規事業の立案〜実行する時点までに必要とされる能力です。具体的なイシューをかき集め、それを実現することができる抽象化されたアイデアをアウトプットできる能力でしょうか。

比較的、プロデューサーと呼ばれる職種の人がこのような仕事を得意としているイメージがあります。ポイントは先程も書きましたが具体的な事実から抽象化した提案ができるという点です。ただ思いつきだけで話す人も違います。

抽象的な要件から具体化する能力

これは立ち上げ時のエグゼキューションにおいて非常に重要な能力だと思っています。ざっくりとした要件から具体的なものまで落とし込み実装する。 普段の仕事が具体的なせいか、エンジニアやデザイナーなどの専門職はこっち側に長けている人が多い印象があります。

わかりやすい例でいくと「○○という機能を実装したい」という要件に対して、こういう技術をつかってこういうデザインでのような具体的な実装をできるような人たちのことです。

こちら側の能力の人によってプロダクトは完成し、よりブラッシュアップされていきます。

自分の性質をどう活かすか

書いてしまうとそれぞれの職種にもとめられていることなので当然の能力ではあるのですが、意外と自分の職種とは逆にある能力のほうが得意なケースもあったりすると思います。

まれに専門職でも要件から抽象化する能力が高かったり、またその逆パターンのケースもあったりする人がいて、こういった人によって事業は大きく前に進むのではないかと最近は思っています。

私自身、キャリアの話をするときに自分自身の専門性をあげるだけでなく、どうやってレバレッジをきかせるかという話をするのですが、こういった点でも自分自身が生み出せる価値を最大化させることができるのではないかなぁなんて思っています。

CTOを退任するまでの6年間と今とこれから

wadap.hatenablog.com

先日発表があったとおり、11月の時点で株式会社nanapiは合併しSupership株式会社となりました。それに伴いCTO及び取締役を退任したのですが、年末ですし6年間を改めて振り替えてみようと思います。

いままで

株式会社nanapiが3社統合してSupership株式会社になりました : けんすう日記

代表だったけんすうが書いている通り、株式会社nanapiの前身となる会社は株式会社ロケットスタートという会社でした。当時はサークルのようなノリでつくった会社ですが、本格的にやろうという話になって始めたのが2009年6月頃。それから6年ちょっとの間、CTOを務めていたということになります。

よく聞かれるのが「共同創業者同士での揉め事はなかったのか?」ということです。実際にあまりなかったなーと思います。実際はあったのかもしれないですけど、お互いにそういうことはあまり気にしないので忘れてるのかもしれません。またnanapi自体の文化として、ヒトではなくコトについて話すというのがあったので激しい議論になったとしてもその人自身への攻撃にならなかったというのはあるかもしれません。

さて、創業してから様々なことをやってきましたがとくに最初の2〜3年くらいはほぼ開発とそれに関わる業務だったなと思います。メンバーが増え、会社が大きくなっていくなかで徐々に変化はありましたが正直なところやっぱり現場で開発している時が一番余計なことを考えることがなく突っ走れた時期だったなぁと思います。とはいえ開発するだけではどうしても組織というのはうまくいかなくなるもので、CTOって何したらいいんだろうねとか考えて自分なりにいろいろとやるようになったという感じです。

いま何をしているか

nanapiの時代にCTOとして僕が必要だと思いやってきた仕事はいろいろとありました。自社内の開発に関わる業務や意思決定は当然ですが、特に力をいれてやっていた業務は次の3点だったなと思います。

  • 広報活動
  • 採用活動
  • 文化形成

nanapi時代にはリクルーティングをするという意味での人事はいませんでしたし、広報という役職のメンバーもほぼいませんでした。そのため、採用活動に関しては母集団形成やスケジュール調整もやってましたし、取材をうけたときの文章チェックや校正なども一通り自分自身でやっていました。

ただ、これは専門の人がいなかったため自分自身でやらざるを得なかったというのはあります。そのため現在はこういった業務からは離れ、専門的に業務を遂行できる部署のほうに任せるという体制になっています。

そして現在は何をしているのかというと、エンジニアとして現場で開発をしています。一応、ちょっとした肩書はありますが基本的には現場で開発をするというのが私自身のミッションとなっています。

この現場に戻るというのは僕自身の強い意思からきたもので、改めて現場でサービスを作り成長させたいと思うようになったからです。

これから

まず仕事ですが、当分の間はエンジニアとしてやっていこうと思っています。エンジニアじゃないとしてもサービスをつくるという側には関わっていきたいなというのが個人的な思いです。

また個人的にはギタリストとして活動をしておりまして、そのあたりの活動もちょっと頑張っていきたいなと。2015年内にはソロのレコーディングを開始する予定でしたが、それもできていないので早いうちに開始したいというところです。

さて、そんなこんなではありこの1年間だけでも会社を含めた自分を取り囲む環境が大きく変化しました。そんな中でも会社に残ってくれているメンバーには深く感謝していますし、新しい自分の立場として一緒に頑張っていきたいと思っています。

いろいろとありますが、これだけの変化を経験できるというのは非情に貴重なことだと思っていますし、2016年も頑張っていこうと思いますので、引続きよろしくお願いいたします。

なりたい自分になるための名言

このエントリーは名言 Advent Calendar 2015で書いています。

名言 Advent Calendar 2015 - Adventar

(まちがって2日エントリーしてしまったのですが、せっかくなので書きます)

なりたい自分になるための名言

(とある著名なギタリストをさして)は日々の練習時間を質問されたら「10時間」と答えました。

彼らがいまだに同じ時間練習し続けているのであれば、同じ1日24時間の中での練習時間をいかに合理的に練習するかを考えないと、永遠に彼らのようなレベルの演奏はできないと思いました。

とあるプロギタリスト教則本に書いてあった言葉です。この言葉には非常に影響をうけていて、特に新卒でエンジニアとして配属されたときに強く意識していました。

同じ時間、同じような仕事を周囲の先輩たちとしていたらいつまでも追いつけないだろうと思い、とりあえず長く働くことは前提でどうすれば効率よくスキルを身につけられるだろうと考えていたなと思います。これは現在でも同じで、他のひとと同じことをしても仕方ないと思っています。

目の前のことをひたすらに頑張ることも大事ですが、ふと立ち止まってやり方自体を見直すのも長期的にみるとすごく大きな価値を生みそうですね。