読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UNIX的なアレ

UNIX的なこととかいろいろ

独立して5年が経過しました

独立して5年が経過しました。

私的なご報告 - UNIX的なアレ

過去のエントリーからちょうど5年が経過してるのをみて、ちょっと実感がわいたので書きました。

1人目のエンジニアとしてのCTO

代表であるけんすうに誘われて、2009年7月からこの会社をはじめてあっと言う間だったし本当にいろいろあったなぁと思う。社会人になった最初の4年間は楽天に努め、退職してからの5年間はいまの会社でCTOをやってる。

でもCTOなんていったって、当時は1人目のエンジニアだったからで別に特別だったわけじゃない。

とくにかく目の前のサービスを作ることに必死で、サービスを落とさないことに必死で、コードを書いて、デプロイしての繰り返しだった。あの頃は今とは全く違った充実感があったなぁと思う。

資金調達

大きく会社のフェーズを分けるなら、資金調達前と後かなぁと思う。資金調達するまでは受託をしながらほそぼそと運営していたけど、それ以降はとにかく突っ走るだけ。このあたりも役員としてのマインドが切り替わったタイミングだったなぁと思う。

個から組織へ

そして、一緒に働いてくれるメンバーも増え、だんだんと個から組織の開発にシフトする時期が来た。そのあたりくらいから、エンジニアとしても自分ではなくCTOとしてアウトプットをどうさせばいいのかを考え始めた。特に3年目〜4年が経過したくらいから、CTOとしての働き方ということをすごく考えるようになった。

ただ管理するだけの管理職であれば、CTOである必要はない。エンジニアリーダーであり続けるだけなら、CTOじゃなくたってできる。

どういう組織を作れば戦えるのか。どんな風土ならエンジニアが働きやすいのか。5年前とは自分が考えることや、実際の仕事もだんだんと変わってきたんだなと思う。

本当に僕だけの力では、今の規模のサービスは絶対に作れなかったし、これからも成長することはできないと思う。いま会社で一緒に働いてくれている人たちには本当に感謝しているし、これからも一緒に頑張って行きたい。

さて、がんばろう。